マイオピンについて

マイオピンとは

マイオピンは、アトロピンという成分を低濃度(0.01%と0.25%)に調整した点眼薬で、シンガポール国立眼科センターの研究に基づいて開発されました。

近視は眼の長さ(眼軸)が長くなることで進行します。
アトロピンは眼軸が長くなるのを抑制する効果があります。
1%の濃度(日本の保険で薬局でも扱うもの)では、眼軸の伸長を抑える効果は強いものの、散瞳(瞳が拡張すること)によりまぶしくなったり、近くの距離が見えなくなるという副作用も強いです。
そこで濃度を減らし、眼軸の伸長や近視の進行は抑えつつ、副作用も少ない濃度が0.01%と0.025%という研究結果が得られ、マイオピンが誕生しました。

マイオピンの効果

シンガポール国立眼科センターの研究結果ですが、何も点眼していない(プラセボ)群より、マイオピン0.01%を点眼した群の方が、2年で50~60%近視の進行を抑えていました。
眼軸も同様に伸長が抑えられていました。

日本でも6歳~12歳を対象にした多施設研究により、マイオピン0.01%の点眼を2年間継続した場合に、近視の進行がゆるやかになっているという結果が出ました。

マイオピンは毎日寝る前に1回点眼します。最低2年間継続することが推奨されています。

マイオピンを用いた治療について

    • まずは視力や眼の異常がないか、保険診療にて行います。
      散瞳剤を用いての検査を行いますので、検査後2日ほどまぶしく、近くが見えにくくなります。大事なイベントがある時は避けられた方がいいでしょう。
    • 適応があると判断され、定期的な点眼と検診を継続できる方は、マイオピン点眼による治療を開始します。これ以降は自費診療となります。
    • 初めは1か月後に受診、特に問題なければ2か月後、それ以降は3か月に1回検診します。
    • 対象者
    • 年齢 6歳~12歳
      中等度の近視で乱視の少ない方
      上記以外の方も、ご希望があれば、一度ご相談ください。
    • 費用
      • 検診費用:2,200円(税込み)
        マイオピン0.01% 1本2,970円(税込み)
        マイオピン0.025% 1本3,410円(税込み)
        *マイオピンは1本1か月で新しい点眼瓶に変えてください。

注意点など

        • マイオピンによる治療は自費診療となるため、他の内容での診療と同日に行うことはできません。
        • 近視の進行は完全に止められるのではなく、進行を遅くする治療になります。
        • 点眼により、まぶしさを感じることや、近くが若干見えにくく感じることがあります。
        • 検診を受けないで点眼のみ購入することはできません。

まずはお気軽にご相談ください

目にお悩みの方はいつでもこにし・もりざね眼科までお問い合わせください

  • ホームページを見たとお伝えください 044-966-7787
  • ホームページを見たとお伝えください 044-966-7787
  • 24時間受け付けております WEB予約はこちらから24時間受け付けております WEB予約はこちらから
  • こにし・もりざね眼科