院長ブログ

2016.10.01更新

ドライアイとは涙が少ないだけでなく、量は正常でも涙の層が短時間で破たんするために生じる場合もあります。年齢と共に涙の分泌量は減るのですが、パソコンやスマホなどを長時間見ることで瞬きが減って生じたり、エアコンの風により乾いたり、原因はさまざまです。最近は女性の場合、メイクでも生じることが言われています。まつ毛の生え際より眼球側にはマイボーム腺という油分を分泌する管の開口部があり、涙の一番表面の油層を作っています。この油層が涙の蒸発を防いでいるのですが、眼球の近くまでメイクをすると、マイボーム腺の開口部がふさがれてドライアイが生じることになります。それを防ぐには、日頃よりメイクをまつ毛より眼球近くまでしないこと、瞼を温めて圧迫してマイボーム腺にたまった油分を出すこと、さらに最近ではまつ毛周辺専用の洗浄剤があり、それで洗い流すことも効果的です。
(メディコラ 2016年10月執筆)

最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

まずはお気軽にご相談ください

目にお悩みの方はいつでもこにし・もりざね眼科までお問い合わせください

  • ホームページを見たとお伝えください 044-966-7787
  • contact_tel_sp.png
  • 24時間受け付けております WEB予約はこちらから24時間受け付けております WEB予約はこちらから
  • こにし・もりざね眼科