院長ブログ

2017.09.01更新

40歳代に入ると老眼により、新聞やパソコンなど近いところが見えづらくなることがあります。老眼とは自由に距離を変えて焦点を合わせる力が衰えてくることであり、眼精疲労の原因にもなります。

 老眼に対応する眼鏡はどの距離を多く見たいかによって種類が変わり、たとえば1つの眼鏡で遠くも近くも見たい、自動車の運転をするなどの場合は遠近両用眼鏡。パソコンなどの作業も多く、主に室内程度の遠方が見えれば十分な場合は中近両用。デスクワーク中心に使うのみであれば近々や近用(いわゆる老眼鏡)を選択します。左右の眼の度がかなり違う場合、遠近や中近両用に慣れられない場合は、モノビジョンと言って片眼は遠く、反対眼は近くが見えるようにする方法もあります。

 遠近両用や中近両用は一般的に50歳頃までに始めると慣れやすいですので、近くが見えにくいと感じたら無理せず眼鏡を変えましょう。

(メディコラ 2017年9月執筆)

まずはお気軽にご相談ください

目にお悩みの方はいつでもこにし・もりざね眼科までお問い合わせください

  • ホームページを見たとお伝えください 044-966-7787
  • contact_tel_sp.png
  • 24時間受け付けております WEB予約はこちらから24時間受け付けております WEB予約はこちらから
  • こにし・もりざね眼科